顔のむくみの対処とむくみ予防

顔のむくみをとるマッサージ

むくみといえば、足と同じように顔も気になるところですね。
お酒を飲んだ翌日に顔がパンパンになったとか、寝起きはひどい、といった経験がある人は多いのではないでしょうか。
この場合もリンパマッサージは有効です。
肩甲骨を意識しながら肩の上げ下げ・腕回しを行い、よくほぐします。
鎖骨のくぼみにリンパ節があるので、そこに指をあててやさしく外から内にむかってさすっていきます。
次に、あごから目の下をかけて耳の下に抜けるように流れをつくり、頬の内から外に向けて円状に、さらに眉間から額をかけて耳の下を抜け、鎖骨まで指でさすります。
この一連を3回行います。

顔のマッサージは乳液などをつけて滑りを良くしてからするとやりやすいです。
小顔にもつながるので特に女性はやってみると良いですね。

むくみ予防にした方が良いこと

むくみがひどくなる前に対策しておきたいポイントがあります。
原因となる事象をつぶしていくことも大事ですね。
運動不足、睡眠不足、水分のとりすぎ、塩分のとりすぎなどはむくみに関係します。
代謝をよくする食品をとり、常温の飲料も飲むなどして体を冷やさない工夫も必要です。
水分を排出する食品としては、カリウムの多いものがあげられます。
豆類、海藻類、さつまいもやホウレン草などをとると良いです。
逆にインスタント食品などの塩分が多いものはむくみやすい食品といえます。

むくみ対策のグッズも手に入れることができます。
着圧タイツ・着圧ソックスはむくみによく効き、通販などで簡単に手に入る対策グッズです。
他に足つぼ刺激用グッズやマッサージ用のオイルなども置いておきたいですね。